新車と中古車の購入費用の比較 

車を買うときに中古車販売業者で購入する中古車とディーラーなどで購入する新しい車での両方で検討を購入する場合があります。 中古車と新車にはにそれぞれにメリットがあります。 例えば300万円の費用を用意するとした場合、中古で購入を検討すれば、新しい車に比べてワンランク上の車が選べます。 走行距離や年式などの程度と引き換えに良い車が乗れるということです。 新古車という枠の概念があり、これは中古として分類されるのですが、ほとんど走行していない比較的新しい車です。 新古車は二人目のオーナーとなるため、中古であることは間違いないのですが、新しい車に比べれば安いです。 ただ、売却時にも多少低くなる傾向があります。

新しい車を新規に購入するメリットとしては中古ではないため、先に誰も運転していない点で満足感や爽快感があります。 さらに中古車とは違い保証という問題でも長く対応してくれること約束されます。 自分の思ったようにカスタマイズでき、欲しい車が出てくるまで待たなくても良いということもあります。 費用においては中古に比べれば高いと良いざるを得ませんが、中古のような曖昧な価格の付き方ではなく定価が設定されているため、比較的安心して購入できるという点で良いと言えるでしょう。