提携ローンと残価設定ローン

お車をディーラなどで購入する際に一括支払以外で行きますと提携ローンと残価設定ローンがあります。前者は一般的なローンで車体価格の全額に対して金利を計算して元本と金利を分割して返していくローンです。後者のローンは残価設定ローンと言って車体購入額の半分の金額に対して利息を計算し元本も月々返していきます。残価の半分まで返し終えたらその残りを一括で買い取るか、ディーラーに売ったりも出来ます。残価設定ローンのメリットとしては月々の支払価格が抑えられるのと提携のローンでは購入する事の出来ないようなワンランク上の高級車をこの方法では購入する事が出来るようです。その当たりは優れたローンだと思います。しかしながらあまりに長いローンを残価の方で行うとやはり3年や2年に一度は車検が訪れますので、その当たりもローンとプラスで支払わなければならないので負担が増えます。一番良い方法は新車で3年間の残価設定ローン3年ごとに新車を乗り換えて行ければ一台の車を買うよりお徳かもしれないです。車は何かとお金がかかります。タイヤの消耗による交換やその他のオイルやフィルター類も年数を経過すれば交換しなければいけません。ですので3年後との乗り換えは良い作戦ではないでしょうか。