中古車の購入について

自動車の販売台数が国内では少し落ち込んでいるのをニュースなどで見かけます。海外向けには各自動車メーカーも利益を伸ばしていっているのですが、国内では現在、若者の自動車離れがひどくそういった意味でも自動車に乗る人も減ってきているようです。その兼ね合いなのか各自動車損害保険会社も任意保険の掛け金を運転手の人口割合が減ったことにより上昇させています。その辺りで新車の自動車購入よりお得な中古車購入を視野に入れて車選びをされる方も増えているようです。自動車は人生で2番目に大きな買い物と言うほど高い買い物です。そう考えれば消費税が8%に上がる前に購入した方が3%の差で200万の購入だったら6万円は違ってくるので、オプション一つ付けれたりする様です。その辺りは新車でも中古車でも同じようなことがいえるでしょうから出来れば3月までに購入できれば良いでしょう。中古車の取得には新車独特の取得税などがないので中古車がその面ではアドバンテージがあります。しかしながら前にどの様な方がどんな運転をしていたかで中古車は当たりやハズレがあるのは仕方ないのかもしれません。走行距離や年式は情報としてあるので考慮できますが前のオーナーのことだけが中古車選びで見えてこない所でしょう。